多種多様な昆虫用飼育ケースをご紹介

昆虫飼育ケースについて知る

大人も子供も悩むこと

最初は昆虫飼育ケースのメリットについて紹介していきます。昆虫を飼うとき何気なく使用している昆虫飼育ケースですが、実は気が付かないところにメリットがあったりします。今更知る必要もないという人もいらっしゃるでしょうが、軽く見てくださるとうれしいです。

昆虫飼育ケースのメリット

小学生の時に、昆虫を捕まえて飼ってみたいと思ったことはありますか?あるいは今でもその願望がある人もいらっしゃるでしょう。
私も当時はカブトムシを飼いたいと思っていましたが、今ではヘラクレスオオカブトを飼いたいとふと思ってしまうことがあります。とはいえ当時では結局カブトムシは見つからず、今でも思うだけで行動に移すことはできていないのですが。
また、成虫を捕まえて育てるのではなく幼虫から育てたいという人もいるでしょう。あのぷにぷにとした生物がやがてさなぎとなり、硬い装甲を持つようになっていく過程は何度見ようが感動してしまいます。
あるいは繁殖を行わせていたいという方もいらっしゃるでしょうか。この手のことがやってみたいと思う人は相当昆虫に魅せられた人なのでしょう。昔友人が挑戦していた気がしますがうまくいかないと四苦八苦していたような気がします。

何を飼うにせよ、一から育て上げるにせよ最初に問題となるのはどこに飼うのか、つまりどのケースが自分の昆虫にふさわしいのか、ということでしょう。
実はどのように昆虫を飼いたいかによって使うべき昆虫ケースも全く異なっていきます。適切なケースを使わないと寿命が縮んでしまう可能性もありますし、もし何か昆虫にさせたいことがあってもそれを行いにくくなることもあります。
今回はそのような昆虫ケースの選び方について紹介していきたいと思います。これから昆虫を飼いたいと思っている皆様の手助けになりましたら幸いです。

色々な飼い方

次はどのような飼い方があるのか紹介していきたいと思います。とはいえそこまで多くの飼い方があるわけではないのですが。そもそも飼い方に何種類もあるのだろうか、と思っている人もいるかもしれませんね。 それに加えてそれぞれの飼い方にあたっての諸注意なども書いていきたいと思います。

色々な昆虫飼育ケース

最後は本命の昆虫飼育ケースを紹介していきます。意外に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、昆虫飼育ケースはいろいろなものが売られています。サイズが違うものはもちろんそこの浅いもの深いものととにかく色々です。今回はそれぞれの虫かごのタイプを大まかに説明していきます。

TOPへ戻る